出先でのWiMAXの通信速度が遅い、繋がらない…

そんな時に使えるのがau4GLTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)と呼ばれるオプション回線です。

簡単に言うと通常利用するWiMAX2+回線に比べて、繋がるエリアが広く安定した接続ができます。

 

au4GLTE回線をもっと詳しく!

au4GLTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)はスマホなどの通信に使われるネット通信回線です。

WiMAXの場合は、au系列のUQWiMAXが運営しているので、auの4GLTE回線を使用しています。

イメージとしてはスマホのデータ通信ができる場所なら、同様にネット通信ができると思ってもらうと良いでしょう。

 

例えばWiMAX2+回線の繋がりにくい山中や離島などでも利用できます。

また地下や建物の内部などのWiMAXの電波が届きにくい場所でも使えます。

電波の通りが良いので、結果として通信速度も向上するのです。

 

au4GLTE回線利用時の注意点!

そんな便利ならどうして常にそのモードにしておけばよい!と思われたかもしれません。

しかし残念ながらau4GLTE回線は通信量の上限が月に7GBまでと決まっています。

もし7GBを超えると強い速度制限にかかってしまい、WiMAX2+回線自体も使えなくなってしまいます。

 

また月に1回でも利用すると、別途利用料金として1,004円のオプション料金が発生します。

普段から利用するのではなく、あくまでWiMAX2+回線が繋がりにくい場所での緊急措置として利用すると良いでしょう。

なお3年契約をしているプロバイダの場合は、この1,004円のオプション料金が無料となっています。

この点は3年契約独自の特典と言えますね。

 

au4GLTE回線の接続方法!

接続方法は至って簡単で、端末の液晶画面で切り替えをすることができます。

ハイスピードプラスエリアモードへ切り替えを選択すればOKです。

使い終わったら必ず元に戻すのを忘れないようにしましょう。