もし通信速度が遅いと感じた時に試してみたいのが、LANケーブルとクレードルを利用した有線接続です。

有線接続を行うことで、電波が途切れること無く通信が安定し、通信速度を向上させることができます。

その方法について説明しましょう。

 

有線接続にクレードルが必要!

WiMAXは基本的に無線Wi-Fi接続を行うことを想定されています。

なのでどの機種も無線での接続は端末さえあれば可能です。

しかし持ち運びができるモバイル型のルーターの場合は、別途クレードルが必要となります。

このクレードルの背面にLANケーブルを挿入する挿入口があります。

そことパソコンの挿入口をLANケーブルで繋ぐことで有線接続が可能になります。

 

なおクレードルは契約時に別途3,000円支払うことで端末と一緒に届きます。

もし契約時にクレードルを頼んでいない場合は、UQWiMAXのホームページもしくは楽天やAmazonなどの通販サイトでも販売しています。メルカリやヤフオクに出品している人もいるようですね。

何にせよ後らでも簡単に手に入ります。

 

有線接続でも使い勝手は一緒!

有線接続でパソコンなどと利用する場合でも、特に何か特別な設定は必要ありません。

SSIDとパスワードを入力すれば無線接続と同様に使用できます。

 

有線接続のもう一つのメリット

Wi-Fi無線接続に対応していないデスクトップパソコンでもWiMAXを利用できます。

固定回線のモデムと同じように利用できます。

ほとんどの場合、固定回線の光回線などより通信速度は落ちてしまいますが、それでも同様に使用できるので、家の外でも中でもWiMAX一本でインターネットを利用できるようになりますね。