WiMAXは通信エリア内であっても場所によっては速度が遅い場合があります。

そんな時に気軽に試せるのが、端末の置き場所を変えてみることです。

 

WiMAXは外に近いほど電波が良く通る?!

WiMAXは基本的に屋外に近いほど電波の受信状況が良くなります。外での使用なら抜群の高速通信が可能になります。

ただしその反面、屋内での使用の際は通信速度が遅くなっていまいます。

 

特にビルの内部や窓から遠い室内、地下では場合によっては電波が通らないこともあるようです。

そんな時はなるべく窓に近い場所に、端末の置き場所を変えてみましょう。

たったそれだけで通信速度が早くなる場合があります。

 

また窓際であってもなるべく遮るものの無い窓が良いでしょう。

窓を開けてすぐに建物がある場所では、電波の通りも良くありません。

 

どれくらい離れていても使えるの?

WiMAX端末と電子機器の距離はおよそ5m程度離れていても利用できます。

例えば2階の窓際において、1回のリビングで使うなんて使い方も可能です。

なので自宅で使う際は、電波の良い場所を端末の置き場所として固定すると良いでしょう。

 

アンテナアイコンを参考にして探そう!

WiMAX端末の液晶にはアンテナアイコンが表示されています。

ほとんどスマホに表示されるようなアイコンと同じですね。4本がMAXです。

このアイコンを頼りにして電波の良い場所を探してみると良いでしょう。